Source Han Serif 源ノ明朝

オープンソース Pan-CJK 書体

watch the video

源ノ明朝は、アドビフォントとしては2番目の Pan-CJK 書体ファミリーであり、Serif 書体として源ノ角ゴシックと対をなすものです。どちらのファミリーも、東アジアに住む 15 億の人々のための、統一された書体デザインへのニーズに応えるためにリリースいたしました。

源ノ明朝は、東アジアで用いられている4つの言語(簡体中国語、繁体中国語、日本語、および韓国語)で必要な文字をサポートします。それぞれ、7つのウェイトを持ち、各ウェイトに含まれる 65,535 の字形は、各言語の多様性を尊重するとともに、共通化できる部分については積極的にデザインの一貫性を高めるようデザインされています。さらに、欧文の豊富な文字セットを有し、ラテン、ギリシアおよびキリル文字に対応しますが、そのデザインは Source Serif に基づいています。

65,535 ウェイト毎の字形数
7 ウェイト数
458,745 合計字形数
社ギ会七は八権党今い名き長開数気九ぷヅ田氏公さ要
ホ総不入受ナだキネ大学山円方ひ道ハ見ぐニ三デ強え
現ジイン内ぬヤ回日てヒ実モ六通ミり思マほ万に京セ
ピ保来げよ金ゑ東者四み自ヲ目タをめ川出米関戦部多
外務産ポレシぢウ全ワ代百定明話たとなぺぼ千区員年
野ル小が民取原カユれゾ以ビぱでむ意ヂくチ題本ヨ分
ぶ化ペケ協機社ギ会七は八権党今い名き長開数気九ぷ
ヅ田氏公さ要ホ総不入受ナだキネ大学山円方ひ道ハ見
ぐニ三デ強え現ジイン内ぬヤ回日てヒ実モ六通ミり思
マほ万に京セピ保来げよ金ゑ東者四み自ヲ目タをめ川
出米関戦部多外務産ポレシぢウ全ワ代百定明話たとな
ぺぼ千区員年野ル小が民取原カユれゾ以ビぱでむ意ヂ
くチ題本ヨ分ぶ化ペケ協機社ギ会七は八権党今い名き
長開数気九ぷヅ田氏公さ要ホ総不入受ナだキネ大学山
24pxExtraLightRegularMediumSemiBoldHeavy

Source Han 書体シリーズ全体は、平均的な「スーパーファミリー」書体をはるかに上回る大規模なものとなっており、アドビと Google との協力によって可能になった大きな取り組みであることを示しています。この書体の開発には、株式会社イワタ(日本)、Sandoll Communications(韓国)および Changzhou SinoType(中国)がパートナーとして参加しました。これらのフォントは Typekit から利用でき、またオープンソースとして GitHub からも色々なフォーマットで入手できます。

源ノ明朝
Typekit から web 用およびデスクトップと同期しての利用が可能

フォントの入手
desktop syn
web use

源ノ角ゴシックと源ノ明朝の両プロジェクトは、方針上の助言、テストに必要なリソースおよび財政面での支援をおこなった Google とのパートナーシップなしでは成し遂げられなかったでしょう。源ノ角ゴシックと源ノ明朝の両フォントは、Noto という名前で、Google の Pan-Unicode フォントファミリーに組み込まれています。

Google の国際化担当ディレクターである Bob Jung は次のように述べています。「Google Noto フォントプロジェクトの目標である、すべての言語に対応する、現今のすべてのデバイスのための、高品質の統一されたフォントファミリーの開発は、その規模と範囲が大きく、圧倒されそうになるほど難しい仕事でした。CJK 言語だけをとっても、その 10 億を超えるユーザーにとってきわめて重要なものです。デジタルタイポグラフィのパイオニアであるアドビは、Noto に美しい CJK 書体を導入するには完璧なパートナーでした」

Sandoll の CEO である Geumho Seok は次のように述べています。「これは、複数言語を取り扱うデザイナーにとっては重要なリリースです。これらのフォントによって、Unicode でテキストを表示したときに『文字化けが発生しない(空白の四角形(□)が表示されない)』という目標が達成されます」

UNICODE U+66DC
言語 中国語(繁体字)
UNICODE U+66DC
言語 中国語(簡体字)
UNICODE U+66DC
言語 日本語
UNICODE U+66DC
言語 韓国語
相違点を確認
4つの言語でそれぞれ異なる字形が使われている文字もあります。源ノ明朝ではそれらの異なる字形が全て入念にデザインされています。意図する言語用の源ノ明朝フォントを使ったり、テキストの言語タグを適宜設定することにより、正しい字形を使うことができます。

源ノ明朝は、2014年7月にリリースした源ノ角ゴシックと同じように画面表示向けに最適化されていますが、本文テキストや優雅でスタイリッシュな見出しにも利用できるという点では、まったく異なる個性を持っています。さらに、印刷しても美しい結果が得られます。Typekit を通してフォントを同期することで、同じ書体を使いながら、複数の言語を即座に処理することができ、同期したフォントは、フォント選択メニュー付きのどんなアプリケーションでも使用することができます。

ExtraLight Light Regular Medium SemiBold Bold Heavy
テスト字形
源ノ明朝には7つのウェイトがあり、タイポグラフィ上の色々なニーズに対応しています。

源ノ明朝と源ノ角ゴシックは、Typekit の無料ライブラリに含まれ、Web フォントとして利用でき、またシステムに同期してデスクトップフォントとしても利用できます。これらを使用するために有料の Creative Cloud プランを契約する必要はありません。今まで Typekit を使用したことがなくても、Typekit にログインするための無料の Adobe ID を取得するだけで使い始めることができます。Typekit のフォントを表示し、ログインして同期を開始しましょう。

源ノ明朝に貢献した世界的に著名な開発メンバー

watch the video

パートナーとプロジェクトの経過をさらに詳しく紹介するビデオをご覧ください。

源ノ明朝の開発は、多くの協力を得ておこなわれ 、パートナーによる支援がなければ成し遂げることはできなかったでしょう。この短いビデオでは、それぞれのパートナーが国を超えた書体を開発するプロジェクトのために長期にわたって努力してきた様子を紹介します。YouTube でご覧ください。Googleからのお知らせもご確認ください。

Ken Lunde

Source Han 書体ファミリーのプロジェクトアーキテクトである Ken Lunde 博士は、50万近くに及ぶ字形とそれらに関連するメタデータを処理する作業に携わり、それらを完全に機能する Pan-CJK フォントに変貌させました。

Ryoko Nishizuka

東京を拠点とするアドビのチーフタイプデザイナーである西塚涼子は、源ノ明朝の漢字、仮名およびその他の日本語文字のデザインを指揮しました。西塚は源ノ角ゴシックでも同じ仕事を担当し、リリースの直後におこなわれた 2014 年のインタビューでデザインの過程を説明しています(インタビューは英語でおこなわれています)。

Frank Grießhammer

アドビフォントチームのデザイナーである Frank Grießhammer は、源ノ明朝に含まれるラテン文字、ギリシア文字およびキリル文字をデザインしましたが、これらには元になった書体である Source Serif が存在し、今年の 1 月にその最新の更新(英語)がリリースされています。ラテン文字の字形デザインは、源ノ明朝に合わせるように調整する必要があったため、Grießhammer は、Source Serif のデザインを始めた時から、西塚と相談をしていました。

フォントの入手

Web またはデスクトップで源ノ明朝を使い始める最も簡単な方法は、Typekit を利用することです。さらに、源ノ明朝と源ノ角ゴシックのフォントファイルとソースファイルのすべてを、GitHub からオープンソースライセンスで入手できます。

繁體
Source Han Serif Traditional Chinese
アドビ
7 フォント
简体
Source Han Serif Simplified Chinese
アドビ
7 フォント
永あ
Source Han Serif Japanese
アドビ
7 フォント
한글
Source Han Serif Korean
アドビ
7 フォント
繁體
Source Han Sans Traditional Chinese
アドビ
7 フォント
简体
Source Han Sans Simplified Chinese
アドビ
7 フォント
永あ
Source Han Sans Japanese
アドビ
7 フォント
한글
Source Han Sans Korean
アドビ
7 フォント